生活困窮者就労支援とは?

生活困窮者自立支援法に規定されている、就労準備支援事業と認定就労訓練事業をとおして、一人ひとりの事情に合った支援付き就労の機会を提供します。

就労準備支援

ひとりで就職活動を行うことが困難な方すべてを対象とする支援です。生活リズムの改善、社会活動への参加、就労意欲の向上、就労スキルの向上など、一人ひとりにあった支援を計画的に継続して行います。

認定就労訓練

都道府県の認定を受けた事業所で、直ちに一般就労が困難な方に支援付きの就労の場を提供します。

あいち福祉振興会は、知多半島全域で、就労準備支援サービスと認定就労訓練の場を、自主事業として提供しています。
心理、キャリア、福祉などの専門職がチームを組み、地域の支援機関や協力者と連携して就労準備支援を行なっています。
同時に、就労移行支援事業所みらいカレッジが、認定就労訓練事業所として、支援付きの就労の場を提供しています。
支援の流れ(就労準備支援)

心理・キャリア・生活相談

オーダーメイドの支援プログラム作成・評価・見直し

専門職チームによる就労支援

就職後のアフターフォロー

支援の詳細

【就労支援カリキュラム】

心理・キャリア・生活相談

臨床心理士等による心理相談、キャリアコンサルタント等によるキャリア相談(職業適性検査等)、看護師等による健康(生活)相談を行います。

オーダーメイドの支援プログラム作成・評価・見直し

一人一人の特性、必要に応じた支援プログラムの作成と、定期的なモニタリングによる評価・見直しを行います。

専門職チームによる就労支援

心理・生活・福祉・キャリア・定着の専門職がチームを組んで支援プログラムを実施。認定就労訓練事業の利用や、ボランティア等による社会参加、職場体験・見学、他の就労支援機関との連携などを行います。

就職後のアフターフォロー

就労を長く続けられるためのアフターフォローを実施。
本人との定期面談(連絡)による困りごと相談や、受入側担当者との定期連絡による情報共有、定着支援の仕組みづくりなどを行います。

サービスのご利用条件等

就労準備支援サービス

通院中の場合は、医師による相談機関利用の許可が必要です。
Copyright 2019 一般社団法人 あいち福祉振興会